今回はHAIKARA-YAで取り扱っていて、個人的にも愛してやまないアイラモルト「ラフロイグ10年」をご紹介したいと思います。

ウイスキーについて簡単に説明しますとその種類は大雑把に「モルトウイスキー」「グレーンウイスキー」この二つをブレンドした「ブレンデットウイスキー」の三種に分けられます。
モルトウイスキーとは大麦麦芽だけで作られたもので、その中でも一つの蒸留所だけで作られた原酒をシングルモルトウイスキーと呼んでいます。
グレーンウイスキーとはトウモロコシやライ麦、小麦などから作られます。でもシングルモルトの様にグレーンウイスキーが単独で販売されることはまずないようです。ブレンド用ということですね。例外といいますかそれに近いものはアメリカで作られているバーボンがこれに当てはまります。
そしてブレンデットウイスキー。品質や価格も様々で一般的なウイスキーです。数種類のモルトウイスキーやグレーンウイスキーをまるで香水を作るパヒューマーの様に調整して作られます。勝手な想像ですが同じ銘柄でも仕込み時期によって微妙に味を変えているんじゃないかな。私はバーボンやブレンデットウイスキーの強引な樽の焦げ臭が苦手で飲みませんので想像です。すみません(;^ω^)
詳しく知りたい方は本もありますし、もちろんネットにも数多くの情報がありますので見て下さいね。

さてラフロイグに戻ります。この大好きなウイスキーを語らせてもらえば、強烈なスモーキーさと上品でまったりとした甘さ、後を引く潮っぽさと口から鼻に抜ける芳醇な香りというフィーリング。何とも言えず虜にさせられます! 数あるシングルモルトの中でもとりわけ個性が強く正露丸のような味(笑)ともいわれていますが。しかしそのような品ほどクセになるもので、ブルーチーズや納豆なども同じではないでしょうか。どれも一瞬独特な香りにハッとさせられますよね。

シングルモルトウイスキーとはエスプレッソコーヒーのようなものだな~と感じています。私の楽しみ方は就寝前にDVDを観たり、本でも読みながら少量を時間をかけてのんびりと味わいます。そうするとゆっくり酔いが回ってきてとても心地よく穏やかな気持ちになることができますよ。

おすすめの飲み方はストレートかトワイスアップ。常温で。私は炭酸水少量で割って飲んでます。蒸留酒ですから身体にもいいかもしれません⁉
大人の嗜好品としてぜひぜひおすすめします♪

https://www.suntory.co.jp/whisky/malt/about/